回送運行許可を受けるともらえるものは何か

回送運行許可を受けるともらえるものは何か 車検の切れた自動車や登録抹消済みの自動車、一度も登録を受けたことのない自動車などは、基本的に一般道を走行することができませんので、こうした自動車を動かす際には市町村から仮ナンバーを発行してもらったり、陸運局で依頼したり、自前の積載車などで運ばなければいけません。
しかし、中古車販売業者などが業務の流れで、こうした自動車の車検や登録を行うたびにこのような手間をかけていると、時間もコストもかかってしまい利益にならなくなってしまうはずです。
このような時に一時的にその自動車の運行を許可する特例制度が回送運行許可制度なのです。
この許可は、1台の自動車につき1回の運行というように制限がされているのですが、先述したように中古車販売業や陸送を生業としている場合は、その業務の範囲内で必要であれば複数の自動車に対して許可を受けることができるようになっています。
許可を受けると、その証としてまず回送運行許可書とステッカーと呼ばれる回送運行許可証、ディーラーナンバーや回送ナンバー、赤ナンバーと呼ばれる回送運行許可番号標の3つをもらうこととなります。
このうち、実際に一般道を走行する際に携帯が必要とされるのが許可証と許可番号標となっています。

回送運行許可書・許可証・番号標の3つを手に入れられる

回送運行許可書・許可証・番号標の3つを手に入れられる 回送運行許可とは車検切れ•抹消済みまたは一度も登録を受けていない車両などを、メーカー、業者が制作•販売•陸送を目的として運搬又は自走させて公道を走行させるための特例の許可のことです。
回送運行許可申請書を営業所の所在地の管轄する運輸支局、または自動車検査登録事務所に提出することによって許可を得られると、回送運行許可書•許可証•番号標の3つを手に入れられ、晴れて回送運行を行うことができるようになります。
回送運行許可書は保管しておき、回送運行中は許可証と番号標を使用します。
許可証は通称ステッカーといわれており、番号標は陸運局等から貸与されるディーラーナンバー、通称デラバンのことをさし、このデラバンを該当車両に付けることによって回送運行が可能となります。
ステッカーとデラバンは貸与期間が定められており、貸与期間を超えて引き続き使用したい場合は期日前に更新の手続きを行う必要があります。
また、期限切れのステッカーとデラバンは運輸局等に返納しなければなりません。
期限切れのステッカーとデラバンの返納のし忘れは処罰の対象となります。
処罰は、違反を重ねるとデラバンの利用停止や一部返納、場合によっては許可そのものを取り消されてしまうので注意が必要です。

回送運行許可関連オススメサイト

回送運行許可の取得に向けてわかりやすく解説してくれます。

回送運行許可