番号標は回送運行の目的により利用方法が変わります

番号標は回送運行の目的により利用方法が変わります 車検が切れている車両や車検前の車両を公道で走らせるには、回送運行の許可が必要です。
陸運局に回送運行の許可申請を行うと、書類審査と実態調査を行った上で、番号標が貸与されます。
この番号票はディーラーナンバーとも呼ばれ、回送運行の目的によって利用方法が変わってきます。
まず、車検のために整備しようとしている車両を引き取る際に、回送運行が必要となり、番号票が使われます。
次に車両の整備を行うために、車検場まで移動する時の回送でも、公道を移動するには番号票が必要となります。
そして車検の整備が終わった後、車を持ち主に引き渡す場合に、番号票が利用されることになります。
どの場合でも、番号票なしに公道を走らせると違法になります。
この番号票が盗まれた場合は、警察か陸運局に届けなければなりません。
紛失した場合も、同じように届け出が義務付けられています。
従って、鍵の掛かる保管庫を用意し、管理者が番号票を厳重に管理することが求められます。

自社の車でない場合は陸送業の回送運行許可が必要

自社の車でない場合は陸送業の回送運行許可が必要 自動車の販売・制作・陸送・分解整備といった業種では業務の性質上、自社に所有権の無い車を取り扱う事が多く発生します。
また顧客に車両を引き渡すまでの段階ではナンバープレートの交付を受けていないケースも少なくありませんが、にも関わらず車両の移動を要する状況も多く発生します。
こうした場合、管轄の陸運局が発行する回送運行許可を受ける必要があります。
類似の制度で臨時運行許可と呼ばれるものがありますが、これは車検の為の回送が前提で且つ、1台毎の自動車にしか発行されません。
対して回送運行許可は事業者に対して発行されるので、許可証の積み替えによって複数の回送に対応可能で、業務上必須になると言えます。
許可を受ける為には制作・販売実績や、陸送業を営む期間の実績、回送に従事する者の一定数の雇用が要求されます。
詳細な条件は管轄の陸運局によって異なりますが、小規模事業所の場合には基準の達成が難しいケースも考えられます。
そうした場合、法に関する専門事務所を通しての回送運行許可申請が多い事も、重要性の裏付けとなっています。